教育

最終更新日:

「オン・キャンパス・インターンシップ:SDGs事業と自らのキャリア形成」

  • 全学・学際など
  • 全学教育推進機構
  • 大学学部生(学士)
  • 大学院生(修士)

授業科目など要旨

 この授業では、グループを中心にSDGsに関する研究テーマを設定し、課題解決をめざしたアイデアの事業化を考えます。また、企業から派遣されたファシリーテーターを交えた議論を通じて、働いて生きていくということはどういうことなのかを演習で体感します。(図1) さらに、課題を解決する際に必要となる、論理的思考能力、分析・リサーチ能力を実際のワークをしながら学びます。
 授業は4つのセッションからなります。第1セッションでは、自らのキャリア形成について考えた後、ロジカルシンキングを学び、SDGsに関わる具体的問題の構造化を行います。第2セッションでは、SDGs関係する具体的テーマを設定します。(図2) 第3セッションでは、グループの強みの探索と企業が取り組むSDGsの具体例を学びます。第4セッションでは、自分たちの考えたアイデアの事業化を考え、事業を紹介するストーリーをつくります。

SDGs貢献可能性

学生が、大学時代に社会にでて働くイメージをつくること、そのために今後自分はどのような能力を身につけていく必要があるのか、リアルなワークを通して気づきを得てもらうことを狙っている。「社会を良くしたい」という思いを実現するために必要な分析・論理的思考能力、リサーチ力、またそれらを伝える力を大学時代に備えた人材となる。また、目標の達成に向けて、明確なキャリアビジョンを描くことができる。

備考