教育

最終更新日:

集中講義「インクルーシブ・リーダーシップ」

  • 理工情報系
  • 工学研究科・工学部
  • 大学院生(博士前期)
  • 大学院生(博士後期)

授業科目など要旨

STEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics のいわゆる理系)の中でも特に女性の割合が少ないエンジニアリング系においては、上位職として働く女性エンジニアにはさらに少数である。なぜ女性が少ないのかには様々な理由が考えられる。集中講義「インクルーシブ・リーダーシップ」では、受講生がこの様々な理由を理解した上で、将来技術系のリーダーとして組織に影響力を持つ存在となるよう自らの意識と行動を変えるきっかけをつくる場を提供する。講義では、リーダーシップ、技術経営学、フューチャー・デザイン学、イノベーション、組織論など様々な観点から、発想、行動やコミュニケーション手法などを学習する。企業の若手女性社員と学生が同じ学びの場で受講することにより、企業にとってはリーダーの育成が、学生にとっては身近なロールモデルと接することで将来のキャリア形成に役立つ等、双方によい相乗効果が期待される。【添付資料あり】

SDGs貢献可能性

本講のテーマであるインクルーシブ・リーダーシップとは、一人のカリスマが率いる旧来的なリーダーシップとは異なり、組織のメンバー一人一人の中にあるリーダーとしての資質を引き出しながら全員で組織を引っ張る、「個の尊重」と「関係性」に着目したリーダーシップである。本講の受講生は、どのようにリーダーシップを発揮して自身のキャリアを形成していくかだけではなく、自身の行動がどのようにまわりや次世代に影響を及ぼすかを考えることが期待されるため、結果としてSDGsの達成に貢献すると考えられる。

備考

【対象の課程(詳細)】
理系の女性大学院生