教育

最終更新日:

SDGs国際学生交流プログラム

  • 全学・学際など
  • グローバルイニシアティブ機構
  • 大学学部生(学士)
  • 大学院生(修士)
  • 大学院生(博士前期)
  • 大学院生(博士後期)
  • 大学院生(5年一貫制課程)
  • 大学院生(専門職学位)

授業科目など要旨

この度、大阪大学グローバル・イニシアティブ機構では、「SDGs国際学生交流プログラム」を開催することとなりました。学生同士、専門家、卒業生、及びその他のゲストスピーカーから、地域や世界の課題について学ぶための4つのセッションを実施します。

  1. 夏季集中講義(国際交流科目「グローバルとローカルのアプローチからSDGsを学ぶ」)
  2. “Let’s Take Action!” 大阪大学 SDGs シンポジウム
  3. “3 Minutes of Inspiration for Sustainable Development” 大阪大学「学生動画コンテスト」
  4. 大阪大学「動画コンテスト」表彰式&国際学生SDGSフォーラム

SDGsの目標達成に向けて、私たちは社会問題の解決にどう貢献できるでしょうか?大きな変革はすぐには現れないけれど、今いる場所から自分の考えを仲間に伝え、地域や社会そして世界を変えるための行動を始めませんか。このプログラムはSDGsの講義、公開シンポジウム、動画コンテスト、学生フォーラムなどのイベントを通じて、皆さんの問題意識やアイデアを世界の同世代と共有し、一緒に前進するための企画です。

SDGs貢献可能性

学生は、集中講義やシンポジウムを通して、様々な分野で活躍する研究者や講師の地域や地球規模の持続可能性の課題に取り組んだ経験や知見を共有・吸収することができます。また、動画作成や他学生との協働やディスカッションを通して、SDGsに対する理解を深めることができます。具体的には、このプログラムを通じて、以下のことができるようになることを目指しています。

・SDGsとは何か、なぜそれが学生自身にとって重要なのかを説明できる。
・SDGsの17の目標について説明することができる。
・グローバルな課題に対して、ローカルなアクションを提案する。
・世界からの参加者と効果的なコミュニケーションを図る。

このプログラムは、SDGsに対する正しい理解や国際的感覚を備えた高度グローバル人材の育成に繋がるものであり、参加者が将来、社会の様々な分野で地域や地球規模の課題解決に取り組むことにより、SDGsの達成に貢献しうるものです

備考

プログラムの詳細について、こちらをご覧ください