教育

最終更新日:

特別講義 Effectively Communicating Your Science and Research

  • 全学・学際など
  • COデザインセンター
  • 大学学部生(学士)
  • 大学院生(博士前期)
  • 大学院生(博士後期)

授業科目など要旨

科学と研究の効果的なコミュニケーションは、SDGsの実践を成功させることにおいて非常に重要です。パンデミックや気候変動など複雑な社会問題への一般社会の理解が、個人や集団の幸福にとって、かつてないほどの価値を持つ時代です。この授業は、今日世界が直面している重要な課題に関心を持ち、研究や知識の創出を通じて課題解決に貢献したいと考える学生を対象としています。16回にわたって、効果的なコミュニケーションへの様々なアプローチを探り、SDGsの目標に関するメディア・コミュニケーション戦略を開発します。

Effective communication of science and research is of critical importance to the successful SDG implementation. We live in a time when public understanding of complex social problems, such as pandemics and climate change, is of unprecedented value for our individual and collective well-being. This course is designed for students who are concerned about the major challenges facing our world today and who would like to contribute to solving these problems through their research and knowledge generation. The course is comprised of 16 sessions over 8 weeks where the students explore a range of approaches to effective communication and develop a media communications strategy related to specific SDG targets.

SDGs貢献可能性

この授業を履修した学生は、どのように持続可能な暮らしをするのか、ということについて意思決定をする際には、科学的な情報が重要であるということを理解します。また、社会の安全、保障、繁栄に関するポリシーの開発において、科学的なエビデンスを活用できなかった際に明らかになる課題について学びます。これらの課題は気候変動、パンデミックへの対応、一般的な健康問題など幅広い分野に見られ、示されたエビデンスについて市民が合意できないことにも顕著に現れます。この授業の参加者は、科学コミュニケーションに関連した哲学的・倫理的なジレンマについての理解を深めます。

Students who have completed the course recognize the importance of scientific information in shaping decisions in how we live sustainably. They also recognize the challenges that emerge when society fails to utilize the best available scientific evidence in developing policies related to societal safety, security, and prosperity. These challenges can be found in a wide range of areas including climate change, pandemic responses and general health concerns. It also manifests in the inability of citizens to even agree on what evidence is. Course participants develop a deeper understanding of the philosophical/ethical dilemmas associated with science communication.

備考

この授業は2018年の11月から大阪大学の学生に提供されています。2021年春学期には、大阪大学の学生に加え、国連大学(サステイナビリティ・サイエンス修士課程)、APRUオンライン型学生交換プログラム、AEARUグローバル・ラーニング・イニシアチブの学生が受講しました。

This course has been offered to Osaka University students since November 2018. In Spring Term 2021, Osaka University students enrolled in the course were joined by students from the United Nations University (Masters in Sustainability Science), the APRU Virtual Student Exchange Program and the AEARU Global Learning Initiative.