教育

最終更新日:

特別講義: Climate Change in Asia Pacific: Science and Solutions

  • 全学・学際など
  • COデザインセンター
  • 大学学部生(学士)
  • 大学院生(博士前期)
  • 大学院生(博士後期)

授業科目など要旨

この授業はアジア太平洋地域の5大学(大阪大学、筑波大学、早稲田大学、サモア大学、ハワイ大学マノア校)と提携して企画され、提供されました。2020年の秋・冬学期には、完全にバーチャル・モードでの配信となり、大阪大学の19名とAPRU Virtual Student Exchange initiative の5名を含む120名以上の学生が、Zoom会議システこの授業はアジア太平洋地域の5大学(大阪大学、筑波大学、早稲田大学、サモア大学、ハワイ大学マノア校)と提携して企画され、提供されました。2020年の秋・冬学期には、完全にオンラインでの配信となり、大阪大学の19名とAPRUオンライン型学生交換プログラム の5名を含む120名以上の学生が、Zoom会議システムを通じて履修しました。この授業は提携大学、環境シンクタンク、政府機関、NGOの16名の教員が担当し、アジア太平洋地域における気候変動の影響と対応のほか、気候変動への短期・中期・長期的な適応策、多国間・地域間における温室効果ガス削減戦略、アジア太平洋地域が直面する気候変動による社会的・経済的な課題などを模索しました。

The course is co-designed and co-delivered by five universities in the Asia Pacific region: Osaka University, University of Tsukuba, Waseda University, University, National University of Samoa, and the University of Hawai‘i at Mānoa. In the Fall/Winter 2020 Semester, the course was delivered in an entirely virtual mode. Over 120 students enrolled in the course (including 19 from Osaka University and 5 from the APRU Virtual Student Exchange initiative) connecting individually via Zoom video conferencing. The course is co-taught by 16 faculty from the partner universities, environmental think-tanks, government agencies and non-governmental organizations. The topics explored include the impacts and responses to climate change in the Asia Pacific region; short, medium and long-term climate change adaptation measures; greenhouse gas reduction strategies from a multi-country and regional perspective; and major social and economic challenges facing the Asia Pacific region in the context of climate change.

SDGs貢献可能性

この授業に参加する学生は、気候の緊急事態に対する批判的思考における様々なコンこの授業に参加する学生は、気候の緊急事態に対する批判的思考における様々なコンピテンシーを高めるとともに、二酸化炭素排出量実質ゼロ社会に関連する社会的・経済的であり持続可能な変革を構想し、追求する能力を身につけます。クラスメートや教員との交流を通して、脱炭素化への体系的・個人的なアプローチの理解を深め、地球の「いのち」のためにSDGsの効果的な実践が直面する影響と課題について理解します。

Students participating in the course develop a range of competencies in terms of critical thinking on the climate emergency, as well as the ability to envision and pursue the social, economic and sustainable transformation associated with the net-zero carbon society. Through interaction with their peers and faculty they develop a sophisticated understanding of systemic and individual approaches to the zero-carbon transition as well as an appreciation of the ramifications and challenges facing effective SDG implementation for life of earth.

備考

このコースの革新的な提供方法は気候にやさしく、教員と学生が移動をせずに国際的なパートナーシップと交流を促進します。このコースは、環境面でも組織としても非常に持続可能なものです。パートナー大学は、2003年からビデオ会議を利用してコースを提供しており、2020年までに1,500人以上の学生が参加しています。

The innovative mode of delivery of this course is climate friendly and promotes international partnership and exchange, involving no travel for both faculty and students. The course is highly sustainable both from an environmental perspective and institutionally. The partner universities have been collaborating to deliver courses via video conferencing since 2003 and in the period to 2020 over 1,500 students have participated in joint courses.