研究

最終更新日:

再生誘導医学を活用した、病気で苦しむ人のいない社会の構築

遠藤 誠之(医学系研究科)、山崎 尊彦(株式会社ステムリム シーズ探索部)

  • 医歯薬生命系
  • 医学系研究科・医学部(保健学専攻)

取組要旨

再生誘導医学協働研究所は、大阪大学と株式会社ステムリムが共同で設置した研究所です。我々は、身体自身が持つ病気を治そうとする力に注目し、その後押しをすることで病気を治療する『再生誘導医薬』の研究開発に取り組んでいます。本研究所では、特定領域の疾患のみを対象とするのではなく、様々な疾患領域(上皮系、神経系、循環器系、消化器系、骨格・運動器系など)において、特に効果的な治療法の存在しない疾患に対する新規治療薬を開発したいと考えています。現在、皮膚難病である表皮水疱症は承認申請準備中であり、急性脳梗塞の臨床試験を実施中です。さらに慢性肝疾患、変形性膝関節症の臨床試験も実施中です。本研究所は、これらの臨床試験を迅速に進行させ、一日も早く患者さんのもとに薬を届けることをミッションとしています。特に、本研究所が保有する『生体内組織幹細胞に対する次世代シークエンサーを用いたゲノム・遺伝子解析』や『多光子顕微鏡を用いた生体イメージング』といった最先端の技術を最大限活用することで、新薬や新規医療の開発を加速化し上記ミッションの達成を目指しています。そして病気で苦しむ人のいない社会を構築することに全力をあげて取り組んでいます

研究成果・インパクト

本研究所は、再生誘導医薬を開発することにより、世界中の病気で苦しむ患者さんを「誰一人取り残さない」ことを目指しています。そのために現在治療法が存在しない病気に対する新薬を開発し、患者さんに届けることで、いのちを「まもる」ことに全力をあげます。若い研究者の育成にも積極的に取り組むことでいのちを「つなぐ」メンバーを増やし、我々の活動が持続可能となることを目指します。

担当研究者

遠藤 誠之(医学系研究科)、山崎 尊彦(株式会社ステムリム シーズ探索部)

キーワード

再生誘導、難病、薬

応用分野

医学