研究

最終更新日:

国際・産学連携インヴァースイノベーション材料創出プロジェクト

節原 祐一(接合科学研究所)

  • 理工情報系
  • 接合科学研究所

取組要旨

共同利用・共同研究拠点を擁する6大学6研究所の異なる学問分野を融合することにより、学際融合・異分野融合研究を展開する。6大学6研究所は、接合科学、金属材料、無機材料、環境・エネルギー材料、生体・医療材料、エレクトロニクスの分野における世界屈指の研究所である。本プロジェクトでは、研究所間連携の戦略的司令塔として主幹校(接合科学研究所)に「コア出島」を設置し、各研究所には連携研究の実施主体「出島(マルチ出島)」を設置して、『コア出島・マルチ出島方式』の異分野融合の研究所間連携体制を構築する。これにより、6大学6研究所間の学際的連携研究体制を格段に発展・強化し、社会的要求を起点とする課題解決ならびにイノベーション創出の加速化、さらには迅速な社会実装を通じて、我が国が世界を先導する新材料技術の創成を目指す。

研究成果・インパクト

「誰一人取り残さない社会」を実現するため、保健(人の健康と福祉)、環境(気候変動対策)、エネルギー(クリーンエネルギー)に関わる革新的な材料創出を通じて、医療、環境、エネルギーの各分野における技術革新を誘引し、市民の生活革新に貢献する。6大学6研究所とそれぞれの共同利用・共同研究拠点が連携した「グローバル・パートナーシップ」を形成し、目標を達成する。いのちを「まもり」、人と人、人と社会のつながりを大切にして、未来へといのちを「はぐくみ」、「つなぐ」。

担当研究者

節原 裕一(接合科学研究所)

備考

6大学6研究所(本研究所、東北大学金属材料研究所、東京工業大学フロンティア材料研究所、名古屋大学未来材料・システム研究所、東京医科歯科大学生体材料工学研究所、早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構)が取り組む。研究成果の社会実装・実践の迅速化を目指して、民間企業も巻き込んだ「産業と技術革新の基礎」を創りながら、「持続可能なまちづくり」にも貢献する。

キーワード

共同利用・共同研究拠点、拠点間連携、6大学6研究所、出島、課題設計

応用分野

健康、環境問題、エネルギー、災害、まちづくり、well-being、少子高齢化