研究

最終更新日:

数理医学・数理生物学に関する研究

鈴木 貴・中村 直俊・朝倉 暢彦(数理・データ科学教育研究センター)

  • 全学・学際など
  • 数理・データ科学教育研究センター

取組要旨

戦略的創造研究推進、基盤研究B、新学術領域研究、国際活動支援班、特進、Interstellar Initiative、基盤研究A、挑戦的研究開拓の研究資金を獲得し、数理医学、数理生物学、視覚科学、計算論的認知科学の研究を推進中である。

研究成果・インパクト

医学分野や認知科学の分野に数理・データ科学のアプローチから貢献し、すべての人に健康と福祉を行き渡らせることや人や国の不平等を無くさせることに貢献します。

担当研究者

鈴木貴、中村直俊、朝倉暢彦(数理・データ科学教育研究センター)

キーワード

⽣命動態の数理モデリング、視覚科学、計算論的認知科学 研究内容 ベイズ統計理論に基づくヒトの高次認知機能(視知覚・心的イメージ・言語・推論・意思決定等)の計算論的および心理学的研究。

応用分野

医学、生物学、認知科学、心理学